若手冒険家のチャレンジを応援谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金とは、2015年末に亡くなった日本を代表する登山家、谷口けいの「冒険にチャレンジしようとする若手を育成、支援したい」という遺志を引き継ぐために、立ち上がった基金です。基金では谷口が残した貯金や寄付金を現資金に、資金繰りの難しい若手冒険家の遠征費用をサポートします。サポートうけた冒険家は自らの体験を社会に伝え、谷口の遺志を社会に伝えます。

谷口けい「冒険なくして新しい登攀(人生)はあり得ない」 趣旨

世界の山々の未登攀ルートに成功するなど日本のアルパインクライミングシーンを牽引してきた谷口けい。彼女は巨大な壁の登攀だけでなく、その壁へのアプローチをも彼女は僻地の旅として楽しんでいました。

一方で谷口は、インタビューや講演会で、人生における「冒険」の必要性を力強く語っていました。

その言葉に力があったのは、谷口自身が、未知なる大自然に身を置き、がむしゃらに限界に向かってチャレンジすることで、新しい自分に出会えると思っていたからです。

また谷口は 「40歳までは吸収の人生。40歳からは還元の人生」との思いがあり、これまでの自らの体験を社会に伝え始めていました。

しかし大変残念なことに、2015年12月、谷口は登山中の不慮の遭難によって、志なかば、43歳の若さで突然帰らぬ人となってしまいました。

谷口の死後、父の谷口尚武さんは、愛娘が生前コツコツと貯金を貯めていたことをはじめて知りました。

尚武さんは「彼女の貯金を有効活用したい。」と考え、尚武さんから相談をうけた有志が、亡くなった谷口の遺志を引き継ぐべく、谷口けい冒険基金を立ち上げることになりました。 なお、基金の運営は、関係者の一人、登山家の野口健が代表をつとめるNPO法人が行うことになりました。

父、谷口尚武からのメッセージ

幼少のころから、学校の帰りに回り道をして森や田畑で遊んでくるなど小さな冒険が好きで、クライミング、アドベンチャー、MTB、シーカヤックなど様々なことにチャレンジし43歳で逝った けいが常々、口にしていたのは

「冒険にチャレンジしようとする若手を育成、支援したい」

ということでした。そのため娘の意志を尊重して野口健さんはじめ関係者ともに相談した結果、このプロジェクトを立ち上げることになりました。さまざまな冒険にチャレンジしようという方が出て来られることを切望する次第です。

谷口けい

1972年、和歌山県生まれ。98年、明治大学卒業。卒業後、マスコミ業界で2年半働く。

退職後の2001年夏に参加した伊豆アドベンチャーレースで優勝。2002、2003年、野口健エベレスト清掃登山隊に参加。

その後、平出和也とヒマラヤの未踏の壁の数々を登攀。

2008年カメット南東壁初登攀により世界で初めて女性によるピオレドール賞を受賞。このような経験を活かし、谷口は山岳ツアーリーダーとして世界各地のトレイルをガイド。国内ではファシリテーターとして活躍。チームワークを向上させる方法など、野外活動を通じで社会人に教授していた。

「40歳からは還元の人生」と語っていたように、冒険での経験を社会に還元しようと谷口は考え始めていた。

2014年9月には、女子大学生4名を連れてネパール・ムスタンマンセイル峰(6242m)に初登頂した。

しかし、15年12月北海道大雪山系黒岳山頂付近から滑落。享年43歳。


写真提供 平出和也

応募

支援内容

年2回の募集。1回につき1件の冒険を支援。1件の限度額は30万円を予定。

対象活動

自然を舞台にした冒険
自らの体験を発信する活動

助成対象者

国籍、年齢、職業、個人、団体は不問ですが、年齢の若い応募者の支援を優先します。

選考方法

書類審査

審査基準

  1. プロジェクトの実現可能性
  2. 冒険のその先を考慮した活動

応募スケジュール

第1回募集

遠征出発時期:2017年4月-2018年3月
募集期間:2017年1月1日-2月28日
書類選考発表:2017年3月6日
面接日程:2017年3月第2週
選考発表:2017年3月15日

第2回募集

遠征出発時期:2017年10月-2018年9月
募集期間:2017年7月1日-8月31日
選考発表:2017年9月(調整中)

応募方法

こちらのページの応募フォームより、ご応募ください

発起人

  • プロスキーヤー/冒険家・三浦雄一郎
  • 医師・今井通子
  • 作家・夢枕獏
  • 国際山岳ガイド・近藤謙司
  • アドベンチャーレーサー・田中正人
  • アドベンチャーレーサー・寺嶋郁夫
  • 登山家・花谷泰広
  • 登山家・野口健
(順不同)

後援

  • 学校法人明治大学
  • 株式会社山と溪谷社
  • 公益社団法人日本山岳会(申請中)
  • 公益社団法人日本山岳ガイド協会
  • 公益社団法人日本山岳協会(申請中)
  • 公益社団法人日本ネパール協会
  • 日本アドベンチャーレース協会
  • 日本勤労者山岳連盟
  • 山梨県北杜市

(順不同)

これまでの助成対象

第1回谷口けい冒険基金は、第1回目の募集ということもあり、下記の2件を最終的に支援しています。

同志社大学山岳部

同山岳部が1963年に極西ネパールのSaipal峰初登頂を果たした際、頂上で撮影した写真に写っていた未踏峰に、現役学生チームが半世紀の時を超えて挑みます。

渡邊直子

現役の女性看護師が8000m峰のカンチェンジュンガとブロードピーク登頂を目指し、また看護師としての視点や女性ならではのエピソードを、これまでの8000m峰4座登頂の経験と合わせて伝えます。

なお、最新の情報は運営事務局のウェブページをご確認ください。

寄付のお願い

谷口けい個人の貯金には限りがあります。谷口の遺志を永続的に引き継ぐため、事務局ではファンドレイジングに力を入れています。

もし当基金の趣旨にご賛同いただけるようでしたら、寄付金をお願いできれば大変幸いです。寄付の多寡は問いません。どうぞ何卒宜しくお願い申し上げます。

ゆうちょ銀行

記号 10100 番号 86427441

谷口けい冒険基金 (タニグチケイボウケンキキン)

りそな銀行

新宿支店 普通 3739273

NPO法人ピーク・エイド 谷口けい冒険基金  (エヌピーオーホウジンピークエイド タニグチケイボウケンキキン)

なお銀行振込みの場合、銀行のシステム上、振り込んでいただいた方のご住所がわからず、領収書をお送りできません。大変お手数ですが下記の内容をメール  info@peak-aid.or.jpにお送りください。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 寄付金額